GRE受験結果(第1回)

アメリカの大学院に応募するのに必須であるGREを受験してみました。例のごとく日本語の参考書は当地で手に入らないため、ローカルマーケットで英語の参考書を入手し勉強。ちなみにGREとはセンター試験のようなイメージの試験で、Verbal(英語)、Quantitive(数学)、Analytical Writing(論理的ライティング)といった種類に分かれています。ですので、ネイティブ向けの試験です。

さて、点数の前に受けてみての感想を。

1. Verbal
ネイティブ向けの英語の試験ということで、まぁ難しい。IELTSのリーディングとは比較にならないですね。非ネイティブはあまりこの点数は見られないという噂もあり、ほぼ勉強なしで受験しました。試験中も情けないですがほとんど勘で答えるような状態で「早く終わらないかなぁ」と思っていました。

2. Quantitive
数学の試験ですが、日本のセンター試験に比べたらだいぶ簡単です。おそらく日本の高校2年生くらいが日本語で受けたら、だいたい8割くらいは勉強なしで取れるんではないでしょうか。受験勉強から15年程度は遠ざかってる私でも「これは満点が狙えるかも」と感じました。
とはいえ、じゃあ満点取れるかというと、そう簡単ではないという印象です。数学用語を英語で覚えねばならないのは当然として、時々難易度の高い問題が出て来て、そこで時間を取られると他に影響を及ぼすなどタイムマネジメントが必要です。
20時間も勉強したら満点狙えると思うので、日本人はここで稼ぐしかありません。

3. Analytical Writing
論理的な問いに対するライティングです。過去問を見る限りIELTSのライティングと似ているという印象を受けていたので、こちらもほぼ勉強なしで臨みました。
当日の印象としては、思ったより字数がかけなかったことが反省点でした。

前置きが長くなりましたが、結果です。

1. Verbal (130-170点) : 137点(私の下に5%)
撃沈です。とはいえ次回に向けてもこのセクションはホントにやる気が起きず、消去法などのテクを覚えてみようかと考えています。

2. Quantitive (130-170点):163点(私の下に87%)
まぁまぁですね。とはいえ参考書がまだ終わってないのにこの点数でしたので、参考書をきちんと終わらせて過去問解けば満点狙えると思いますので、次回は満点を目標にします。

3. Analytical Writing (0-6点):3.0点(私のしたに15%)
いまいちです。やはり練習が必要そうです。もしくは問われる内容はほぼ同じなので参考書にあるようなテンプレートを作って覚えてしまうというのもありかもしれません。

また応募書類提出前に受けようと思っていますが、次回目標は下記のとおり。
Verbal 145点、Quantitive 170点、Analytical Writing 4.5点

広告
カテゴリー: 留学準備 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中