IELTSかTOEFLか

大学院を受験するにはIELTSかTOEFLが必要で、一般的な認識としてはアメリカ=TOEFL、イギリス=IELTSというものと思われる。今回私がIELTSに集中することにしたのは以下の理由。

・両方の国に申し込む予定であったこと
・インターネットで調べる限りIELTSの方が点数取れそう
・バングラデシュではIELTSの方が受験しやすい

そして2点目については、特にアメリカで言えそうだ。というのも、イギリスはOverallが何点で各項目が・・・といった細かい指定なのに対し、アメリカはOverallのみしか求められないケースが多く(一流校でも7.0程度)、これはTOEFLより容易と思われる。

そういった理由からIELTSに集中することになったのだが、目指す点数としては以下の通り。

目標1(Oxfordクラス):Overall 7.5かつ全てのセクションで7.0以上
目標2(英国PhD標準):Overall 7.0かつWriting 7.0かつ全ての項目で6.0以上
目標3(米国PhD標準):Overall 7.0

どうにかして目標2までは取りたい。

広告
カテゴリー: IELTS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中